一定収入さえあればアルバイトでもキャッシング

現在は、総量規制という法律の影響で、キャッシングの審査基準も大変厳しいものとなっています。
総量規制は貸金業者に対して年収の3分の1以上の貸付を規制する法律になっているため、特に専業主婦などの収入のないひとは借入すらできなくなってしましました。
では、アルバイトで働いている人の場合、アルバイトで得た収入は「年収」とみなされるのでしょうか。
結論からいえば、アルバイトで得た収入であっても立派な年収と考えられ、キャッシングの利用自体は何ら制限を受けません。
ただし、キャッシングの審査に通るためには一定収入があるということを証明して、信用を勝ち取る必要があります。
やはり正規雇用で働いている人と比較すると、表向きの信用に関しては劣るのが現実ですので、一定収入を毎月しっかりと得ているということを証明しなければならないのです。
ですから、アルバイトの方がキャッシングの申し込みをする際には、少しでも有利になるような書類は集めてから申し込みをするようにしましょう。
過去半年分ぐらいの給与明細などがあれば、同じ勤務先で半年以上働き、さらに一定収入を得ているということが証明できるので大変良いと思います。
アルバイト勤務の方であっても、信用さえ勝ち取ることができれば、正規雇用で働いている人と同じく年収の3分の1を限度としてお金を借りることができますから、キャッシングの申し込みをする際にはしっかりと準備をしてから申し込むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>