無職でもキャッシングの審査に通る方法

消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードの利用については、総量規制の影響もあり原則として収入のない無職の人は利用できない決まりになっています。仮に収入のない人に対してキャッシングやクレジットカードの利用を許可した場合、返済を続けることができなくなってしまい、融資したお金を踏み倒されてしまう可能性があるからです。そのため、消費者金融や信販会社を利用するためには最低条件として定職に就き、毎月決まった収入があることが求められているのです。
しかし、定職には就いていなくても毎月何らかの収入があるという人もいます。そのような人の場合、キャッシングの審査に通ることは可能なのでしょうか。
賃貸物件の経営をしていて家賃収入があるという人もいれば、年金が支給されているという人もいます。そのような人たちに関しては消費者金融や信販会社の判断次第ですが、たとえ無職であったとしても安定した収入が得られているとしてキャッシングやクレジットカードの審査に通ることもあります。
ただし、どこからも収入がないという無職の人に関しては、総量規制の影響で審査に通ることはありません。どうしても無職の人がキャッシングやクレジットカードの審査に通りたいのであれば、申し込みの手続きをする前に派遣会社に登録しておくという手段もあります。審査の段階では申込書に記載されている職場への在籍確認が行われるようになっていますが、実際に働いているという実態はないとしても派遣会社には登録がされているため、審査における在籍確認はクリアすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>